テスラの「モデル3」、週8000台の生産も可能-エバコア

From
  • テスラの加州フリーモント工場訪問後にリポートを発表
  • エバコアはモデル3の年後半の生産予想引き上げも
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

米電気自動車メーカー、テスラはこのところ厳しい局面に見舞われていたが、懸念されてきたセダン「モデル3」の生産が今では順調に進んでいる。

  エバコアISIのアナリスト、ジョージ・ギャリアーズ、アーント・エリングホースト両氏は16日のリポートで、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の黒字化計画の要であるモデル3について、さらなる支出需要はあるものの、生産は軌道に乗っており、週8000台の生産ペースは「十分に射程圏内だ」と指摘。リポートはテスラの米カリフォルニア州フリーモント工場訪問後に発表された。

  テスラはモデル3の生産拡大に向け24時間態勢で取り組み、6月最終週に週5000台の生産目標を達成した。

  両氏は「テスラについてますますポジティブになっている」として、「テスラは安定した週間生産ペース到達に向け順調に進んでいるようだ」と分析した。

  エバコアは7-12月(下期)のモデル3生産台数を12万3000台と予想しているが、両氏は工場訪問を経て、この予想を最大7%引き上げる必要がありそうだと述べた。

原題:Tesla Analyst Who Toured Plant Bets on 8,000-a-Week Model 3 Pace(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE