Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

米半導体株、下落続く恐れ-時間外でエヌビディアやアプライド軟調

  • エヌビディアとアプライド・マテリアルズ、売上高見通しが期待外れ
  • フィラデルフィア半導体株指数は3日続落-計1.7%安
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

グラフィックス用半導体で最大手の米エヌビディアと半導体製造装置メーカーのアプライド・マテリアルズが16日引け後に公表した売上高見通しはいずれも期待に届かず、時間外取引で両銘柄が下げている。米半導体関連株の下落局面が続く恐れがある。

  16日のフィラデルフィア半導体株指数は3営業日続落。合計で1.7%安。需要鈍化や中国との貿易摩擦による影響を巡る懸念が広がっている。これよりも長い下落局面となると6日続落した今年4月までさかのぼる。

  エヌビディアが示した8-10月(第3四半期)の売上高見通しは中間値で32億5000万ドル(約3600億円)となり、アナリスト予想平均を1億ドル程度下回った。アプライド・マテリアルズの8ー10月(第4四半期)売上高見通しは38億5000万-41億5000万ドルと、最も低いアナリスト予想にも届かなかった。

原題:Chip Stocks Risk Worst Rout Since April After Nvidia Disappoints(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE