米JCペニー株が急落、一時27%安-通期の赤字見通しを嫌気

16日の米株式市場で、百貨店チェーンのJCペニーが急落。一時27%安の1.75ドルを付けた。通期の業績に関して、同社が市場の予想外に赤字見通しを示したことが嫌気された。JCペニーは、大量の売れ残り商品を処分するため大規模なセールを実施している。

  JCペニーがこの日発表した5-7月(第2四半期)決算は、市場予想より大幅な赤字となり、既存店売上高も期待外れな内容となった。同社では5月以降、最高経営責任者(CEO)が不在の状況だ。第2四半期には通常の季節商品だけでなく他の商品も幅広く値引きするなど大規模なセールを行った。

  第2四半期の既存店売上高は0.3%増。これで4四半期連続のプラスとなったが、伸び率はアナリスト予想(1%)を下回った。損益は1株当たり32セントの赤字。

  通期に関しては、一部項目を除いたベースで1株80セント-1ドルの赤字になると予想。アナリスト予想は同4セントの黒字だった。

原題:J.C. Penney Plunges to a Historic Low After Loss Forecast (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE