Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

トルコ・リラ、3日続伸で約20%回復ー中銀の「ステルス利上げ」が奏功

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

トルコ中央銀行は密かに利上げをしている。これが奏功し、通貨リラはここ3日で約20%上昇した。 

  中銀は利上げを発表してはいないが、1週間物レポによる資金供給を13日以来、実施していない。このため銀行はより高い翌日物金利での借り入れを余儀なくされ、平均資金調達コストは15日、ベンチマークを17ベーシスポイント(bp)上回った。

  トルコ経済銀行のストラテジスト、エルキン・アイシク氏は、中銀は恐らくリラへの圧力が「大幅に」和らぐまで流動性引き締めを続けるだろうとし、緊急の政策決定会合を開かずに資金調達コストを後期流動性ウィンドー金利と同じ20.75%まで押し上げることが可能だと述べた。これは3ポイントの利上げとなる。

  リラは16日、3日続伸し10日の急落以降の下げを3%にまで縮めた。

原題:Turkey Returns to ‘Stealth’ Tactics to Raise Borrowing Costs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE