トランプ氏演説に登場の謎のCEO、ホワイトハウスは名前明かさず

  • トランプ大統領は政策を後押しする匿名の支持者に頼る傾向
  • エピソードの多くは立証されていないか検証できない-大学教授
Photographer: Zack Wittman/Bloomberg
Photographer: Zack Wittman/Bloomberg

トランプ米大統領によると、自身の貿易政策の最大の支持者の1人は謎の企業の匿名の最高経営責任者(CEO)だ。

  7月31日にフロリダ州タンパで開かれた集会でトランプ氏は、物議を醸している関税措置に言及。「世界で最も素晴らしい企業の1社のCEO」と少し前に会った時の話だとして、そのCEOから「自分の会社にも確かに影響はするが、大統領は今やっていることを続けてほしい。正しいことを行っているのだから」と言われたと述べた。

  トランプ氏はこの支持者を特定せず、ホワイトハウスも明かそうとしていない。米大手企業やCEOらを代表する各種業界団体は、貿易に混乱を招くトランプ大統領のアプローチに軒並み反対しているが、トランプ大統領が言及したこのCEOは、大統領の立場を常に支持する重要で強力な匿名の人物というモデルにフィットする。

  こうした人物はトランプ氏の演説によく登場する。貿易に加えて刑務所改革や移民等の問題を巡り、社会通念に反対し大統領を支持する人物として飛び出す。ただ、トランプ氏の説明は引き合いに出されたと見られる人々から反論される場合もあり、重要な詳細は話が繰り返される中で変わる。

  カンザス大学で大統領のレトリックについて教えるロバート・ローランド教授は「これらのエピソードの多くは立証されていないか検証できないものだ。引用できる確かなデータがない時にトランプ氏はこのようなエピソードを持ち出す。本当のエピソードがなければ、自分自身の話を探すようだ」と指摘した。同教授はトランプ氏の演説スタイルに関する書籍を執筆中。

  ホワイトハウスに取材を試みたがコメントは得られていない。

原題:Trump’s Speeches Feature Mystery Men the White House Won’t Name(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE