「タイガー・カブス」のファンドがスポティファイ株取得-4~6月期

  • スポティファイ株は4月の上場以来、約47%上昇
  • ポイントステートやドゥケインはフェイスブック株を保有

音楽ストリーミングサービスのスポティファイ・テクノロジーは4-6月(第2四半期)にヘッジファンドから引っ張りだことなった。

  「タイガー・カブス(タイガー・マネジメント出身者)」が率いるマーベリック・キャピタルやコーチュー・マネジメントなどが届け出(13F)で、スポティファイ株の保有を明らかにした。スポティファイは4月に上場し、その後株価は約47%上昇している。

  ソーシャルメディアの米フェイスブックも著名ヘッジファンド会社からの人気が高いことが分かったが、6月末以降もポジションを維持していたファンドにとっては残念なことに、フェイスブック株は7月に月間ベースで記録的な下げを演じた。

  著名投資家スタンリー・ドラッケンミラー氏の「弟子」たちが運営するポイントステート・キャピタルは6月末時点で2億6500万ドル(約294億円)相当を保有。ドラッケンミラー氏のドゥケイン・ファミリー・オフィスも4-6月期にフェイスブック株1億7840万ドル相当を取得した。

原題:Tiger Cubs Tune Into Spotify, PointState Adds Facebook: 13Fs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE