コンテンツにスキップする
Photographer: Justin Chin
cojp

香港金融当局の通貨買い支え、今週の介入2400億円に拡大-ペッグ防衛

  • HKMAによる香港ドル買い介入がオーバーナイトで続く
  • アグリゲート・バランスは1000億香港ドル割れへ-2008年以来
Hong Kong one-hundred dollar banknotes are arranged for a photograph in Hong Kong, China, on Wednesday, Jan. 20, 2016. Hong Kong dollar forwards sank to their weakest level this century, interbank loan rates jumped the most in seven years and the Hang Seng Index tumbled as China's market turmoil fueled speculation the city's 32-year-old currency peg will end.
Photographer: Justin Chin

香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)による香港ドル買い介入がオーバーナイトで続いた。今週の介入額はこれで168億香港ドル(約2400億円)に膨らんだ。

  ブルームバーグのHKMAページによると、香港ドルの対米ドル相場が許容変動幅の下限(7.85香港ドル)まで下げたことを受け、香港当局は15日に146億香港ドル相当を購入した。

  銀行間の流動性を示すアグリゲート・バランス(決済性預金残高)は926億香港ドルに減少する見通しで、1000億香港ドルを割り込むのは2008年以来となる。

  香港ドルは現地時間午前8時8分(日本時間同9時8分)現在、1米ドル=7.8496香港ドルと、許容変動幅の下限近辺。

Peg Defense

Hong Kong Monetary Authority's aggregate balance drops below HK$100 billion

Source: Bloomberg

原題:Hong Kong Spends $2.1 Billion This Week to Defend Currency Peg(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE