Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg

テスラにSECが召喚状、マスク氏非公開化ツイートで

更新日時
From
  • 当局の調査がより重大な局面に差し掛かったもよう
  • 非公開化検討と資金確保のツイートを巡り情報を求めていると関係者

米証券取引委員会(SEC)は、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が明らかにした株式非公開化の動きを巡り、同社に召喚状を送付した。マスク氏の発言に関する当局の調査がより重大な局面に差し掛かったもようだ。

  事情に詳しい関係者の1人によると、マスクCEOが非公開化を検討しており、資金を確保したと先週ツイートしたことを受けて、SECが情報を求めている。15日の米株市場で、同社株は2.6%安の338.69ドルで通常取引を終えた。

  SECのジュディス・バーンズ報道官とテスラの広報担当者は、いずれもコメントを控えている。

  マスク氏は、非公開化についてツイートした7日から約1週間後になってようやく、自分の発言が、サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)とのやりとりに基づくものだったと説明。PIFが非公開化の支援に初めて関心を表明したのは、昨年の早い時期だったという。テスラの取締役会は、マスク氏から正式な非公開化の提案を受けておらず、非公開化が妥当あるいは実行可能かどうか結論を出していないとしている。

  元SEC委員長で、現在は助言会社カロラマ・パートナーズを率いるハーベイ・ピット氏は15日のブルームバーグテレビジョントのインタビューでマスク氏について、「彼の発表のフォーマット全体に大いに問題があり、極めて型破りだ。うそをつくことはできない」と述べた。

  SECの召喚状送付についてはフォックス・ビジネスが先に伝えていた。

原題:Tesla Is Said to Receive Subpoena Over Musk’s Take-Private Tweet(抜粋)

(背景や元SEC委員長のコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE