テンセント株売り込まれる-フェイスブックに続き市場に衝撃

更新日時
  • 4-6月純利益は2%減と予想外の減益、ADRが一時10%安
  • 中国当局のゲームライセンス承認凍結も影落とす
Photographer: Justin Chin/Bloomberg

中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)が15日発表した4-6月(第2四半期)決算は、市場予想に反して減益だった。ニューヨーク市場で取引されている同社の米国預託証券(ADR)は一時、前日比10%急落した。

  米フェイスブックが先月発表した決算も売上高やユーザー数がアナリスト予想に届かず、株価がその後に歴史的な大幅安を記録。株式相場の上昇をけん引してきたテクノロジーのスーパースター企業が事業運営に苦慮している兆しが示された。

  テンセントの4-6月期の純利益は前年同期比2%減の179億元(約2860億円)。市場予想平均は193億元だった。既存ゲームの人気低下や支出増大、投資収益の減少が響き、モバイルゲーム関連収入は前期比で19%減少した。

  事情に詳しい関係者によると、中国は政府機関間の権限見直しに伴い、新たなゲームの認可を凍結。こうした動きはテンセントにとって一段の圧力となる。同社の時価総額は1月のピーク時以降、1600億ドル(約17兆7000億円)余り減少した。

  テンセントは同社のメッセージサービス「微信」に利用者を引き寄せ、維持するために新たなコンテンツを重視している。同社はまだ、「フォートナイト」や「プレイヤーアンノウンズ・バトルグラウンズ(PUBG)」など世界的に人気の高いゲームを自社の利益にしていない。

  同社の劉熾平社長は電話会議で、「売り上げの伸びで見れば、ゲームは特に弱い部分だ。主力ゲームをまだ収益化できていない」と発言。「今回のことは、われわれで手に負える範囲をやや超えているが、いずれ解決できるだろう」と述べた。

  中国当局は今週テンセントに対し、発売間もないゲーム「モンスターハンター:ワールド」をPCダウンロードサービスから除外するよう命じた。

  コンサルティング会社パシフィック・エポックのアナリスト、ベンジャミン・ウー氏(上海在勤)は「決算内容は非常に悪かった」とし、モンスターハンターに関する当局の措置は「テンセントでさえ規制当局の取り締まりを免れることはできないことを示している」と述べた。

原題:Tencent Stuns With First Profit Drop in at Least a Decade (1)(抜粋)

(詳細や市場の見方などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE