中国:2018年の成長率目標は達成可能、貿易摩擦でもー発改委

  • 経済成長への影響は「コントロールできる」ー叢亮報道官
  • 貿易戦争の深刻化にも対処可能、関税引き下げると表明

中国はエスカレートする米国との貿易戦争を切り抜け、今年の経済目標を達成することができると、経済政策の立案を担う国家発展改革委員会(発改委)の当局者が述べた。

  発改委の叢亮報道官は15日のブリーフィングで、積極的な財政政策と慎重な金融政策を通じて工業生産や雇用、消費者物価への影響を「コントロールできる」と説明。貿易戦争の一段の深刻化にも政府は対処可能だと話した。欧州連合(EU)や東南アジアとの貿易は拡大していると指摘し、経済開放を続け外国の直接投資を呼び込み、関税を引き下げると語った。

  中国政府のレバレッジ解消策が景気に影を落とし始める中で、4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)成長率は6.7%と2016年以来の低水準に鈍化した。それでも年間の成長率目標である6.5%は上回っている。

原題:China Vows to Meet 2018 Economic Targets Despite Trade Fight (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE