シンガポールのテマセク、ゴールドマンやJPモルガンの全株売却

シンガポールの政府系投資会社テマセク・ホールディングスは保有していたゴールドマン・サックス・グループとモルガン・スタンレー、JPモルガン・チェースの株式を全て売却した。米証券取引委員会(SEC)への届け出で明らかにした。

  テマセクは米銀株の保有を徐々に減らしていた。代わってオンライン決済やフィンテック関連など新たな金融銘柄に投資。一方、中国の銀行株は引き続き保有している。

  今回の売却株数は少ないが、テマセクの投資姿勢の変化がうかがわれる。同社は7月に発表した年次見直しで、世界の経済成長鈍化を予想、また景気拡大期の終盤における拡張的な財政政策が米国に循環的なリセッション(景気後退)をもたらす恐れがあるとの見方を示していた。

原題:Singapore’s Temasek Completes Sell Down of U.S.-Listed Banks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE