カンザス州知事共和予備選:トランプ氏が支持するコバチ氏、現職破る

  • 7日投開票の結果僅差だったが現職のコリアー氏が敗北を認めた
  • トランプ大統領はコバチ氏への強い支持を表明していた

米カンザス州知事選の共和党候補を決める予備選で、トランプ大統領と親交があるクリス・コバチ州務長官が14日、指名を獲得した。7日の投開票の結果は僅差で勝者は確定していなかったが、現職のコリアー氏が14日、敗北を認めた。

クリス・コバチ氏

撮影:Steve Pope / Getty Images

  コリアー氏は現在の345票差を再集計で覆すのは不可能だと考えると述べたと、地元紙カンザスシティー・スターが報じた。同紙によると、コリアー氏は、「私はたった今、州務長官と話をし、長官の勝利に祝意を表した。また州知事の座を共和党がぜひとも維持してもらいたいとあらためて伝えた」と語った。

  投開票日の前日の6日、トランプ大統領はコバチ氏への強い支持を表明していた。コバチ氏は民主党候補ローラ・ケリー州上院議員と11月6日の本選で争う。

原題:Trump Ally Kobach Claims GOP Nomination for Kansas Governor(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE