Photographer: Zhang Peng/LightRocket

中国が権限見直しでゲーム認可凍結-日本株も直撃

更新日時
  • 監督当局は一部のゲームにおける暴力やギャンブルも懸念
  • オンラインとモバイル、コンソール型ゲームに軒並み影響
Photographer: Zhang Peng/LightRocket

中国の規制当局がゲームライセンスの承認を凍結した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  公に話すことが認められていないとして匿名を条件に話した関係者によると、これは政府機関の間での権限見直しを受けた措置。監督当局は一部のゲームにおける暴力やギャンブルについても懸念を示していると関係者の1人が話した。オンラインとモバイル、コンソール型ゲームが軒並み影響を受けている。

  ニューズーの調査によると、中国は世界最大のゲーム市場で、売上高は推定379億ドル(約4兆2200億円)。

  ゲーム認可取得で遅れが出ていることを公表した企業はあったが、業界全体の凍結はこれまで公になっていなかった。中国で認可プロセスを監督するのは2つの機関。複数の関係者によれば、国家広播電視総局は約4カ月間にわたり認可を出しておらず、文化観光省はゲーム登録手続きを厳格化している。習近平国家主席が権力を固める中、今年の機構改革を経て両機関ではいずれも人事の刷新や責任範囲の変更があった。

社会主義的価値

  共産党指導部の入れ替えで、官僚らはリスクを取る、あるいは論争を誘発する恐れがある新たな措置を始めるのに消極的。中国のゲーム業界は中毒や暴力だけでなく、核心となる社会主義的価値の毀損(きそん)に至るまで定期的な監視の対象になっている。

  当局が直ちに再開しても認可には通常2、3カ月程度を要するため、中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)など企業の7-9月(第3四半期)決算には潜在的な打撃となることを示唆している。

  15日午後の東京株式市場でネクソンなどゲーム関連株が軒並み安。ネクソンは一時11%安の1250円、スクウェア・エニックス・ホールディングスが同6.4%安の4500円、カプコンが同6.7%安の2453円まで下げた。終値はネクソンが5.9%安の1318円、スクエニHが2.6%安の4680円、カプコンが2.7%安の2558円。

  松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリストは「国内市場が飽和状態となる中で、アジア市場、中でも人口が多く、購買力が向上している中国市場は投資家から期待されていた。もし中国市場がふさがると、ゲーム関連企業の成長期待が剝げ落ちかねない」と述べた。

揺れるゲーム業界

  テンセントや小規模のゲーム開発業者が当局の認可を待つ中で、業界全体が揺れている。テンセントの時価総額は今年1月のピークから1500億ドル余り減少する一方、規模がより小さい企業は新たなタイトルがなければ生き残るのが難しいと訴えている。

  シティグループ・グローバル・マーケッツのパンアジア・インターネット調査責任者、アリシア・ヤップ氏は、「新たなゲームの認可には今後も足かせが残るだろう」と指摘した。

  テンセントの広報担当者ジェーン・イップ氏はゲーム認可についてコメントを控えた。各政府機関にファクスでコメントを求めたが、今のところ返信はない。

原題:China Is Said to Freeze Game Approvals Amid Agency Shakeup (1)(抜粋)

(第7段落の株価を終値に更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE