Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

ドル・円キャリートレードの魅力増す-日銀フォワードガイダンスで

  • 円で借り入れてドルで運用する取引の4-6月リターンは4.9%
  • 円を調達通貨とする取引のトータルリターンでG10通貨の中で最高
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

ドル・円のキャリートレードの魅力が増した。金利が当面、超低水準にとどまるという日本銀行のフォワードガイダンスのおかげだ。これに対し米金融当局が2019年末までに5回の利上げを想定していることを考えると、キャリートレードの魅力は高いと、三菱UFJ国際投信とみずほ証券が指摘した。

  金利格差と予想変動率を比較したキャリー・トゥー・リスク比率はキャリートレードの魅力を測る指標だが、G10通貨で円に対してこれが最も高いのは米ドルだ。

  三菱UFJ国際投信・戦略運用部の石金淳チーフストラテジストは、フォワードガイダンスはキャリートレードにプラスだとし、日銀は動かないことを決めたので金融政策の観点から円が上昇する公算は小さいと指摘した。

  ブルームバーグのデータによれば、円で借り入れてドルで運用するキャリートレードの4-6月リターンは4.9%で、円を調達通貨とする取引のトータルリターンとしてG10通貨の中で最高だった。リターンは為替レート変動と金利収入、調達コストを勘案する。

通貨1年間の預金金利FXボラティリティキャリー・トゥ・リスク
パーセントパーセント
米ドル2.838.560.34
AUD2.4911.610.22
NZD2.3511.500.21
CAD2.2910.440.23
NOK1.3611.310.13
英ポンド1.1011.630.10
SEK-0.2111.00N / A
ユーロ-0.249.87N / A
DKK-0.379.90N / A
CHF-0.657.85N / A
日本円-0.12N / AN / A

原題:Dollar-Yen Carry Trade Just Got More Appealing, Thanks to BOJ(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE