ドラッケンミラー氏、フェイスブック株を新規購入-4~6月

  • 4~6月決算が振るわず記録的な株価下落となる前に買い入れた
  • フェイスブック株を198億5000万円相当取得

資産家スタンリー・ドラッケンミラー氏が4-6月(第2四半期)に新たにフェイスブック株をポートフォリオに加えたことが明らかになった。フェイスブックの4-6月期決算が振るわず株価が記録的な下げとなる前に買い入れたことになる。

  14日の米当局への届け出によれば、ドラッケンミラー氏率いるドゥケイン・ファミリーオフィスは4-6月にフェイスブック株を1億7840万ドル(約198億5000万円)相当取得した。同ファミリーオフィスの持ち分上位6銘柄はマイクロソフトやアマゾン・ドット・コムなどのテクノロジー企業。その一方で、インテルとマイクロン・テクノロジーは全株売却した。

  ドラッケンミラー氏はかつて資産家ジョージ・ソロス氏の資産運用マネジャーを務めていた。ソロス氏も4-6月にフェイスブック株を購入したが、ドラッケンミラー氏より少ない3090万ドル相当だった。ソロス氏のファミリーオフィスであるソロス・ファンド・マネジメントの持ち分1位は通信会社への投資を手掛けるリバティー・ブロードバンドで5億5600万ドル相当。

原題:Druckenmiller Buys Facebook as Former Boss Soros Adds Tech Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE