Photographer: PIERO CRUCIATTI/AFP

イタリア人の命を財政規律が危険にさらす-崩落事故でサルビーニ氏

  • 連立政権はEUに財政赤字目標に関する規則を曲げるよう要求
  • 2019年予算の編成作業が進められる中で悲劇は起きた
Photographer: PIERO CRUCIATTI/AFP

イタリアのサルビーニ副首相兼内相らは北部ジェノバで高速道路の高架橋が崩落した事故を格好の機会と捉え、欧州連合(EU)が課す予算の制約を尊重すべきかどうか問題提起した。

  右派政党「同盟」の書記長を務めるサルビーニ副首相は14日、シチリア島のカタニアで記者団に対し、イタリアの投資支出を増やすことがいかに重要か今回の崩落事故が物語っていると述べ、EUの支出制限が生命を危険にさらしかねないと訴えた。

  サルビーニ氏は「外部からの制約が安全な道路や学校のための支出を妨げるとすれば、これらのルールに従うことが理にかなうかどうか疑問が生じる。イタリア人の安全と財政規律のトレードオフ(交換)などあり得ない」と語った。

  ANSA通信によれば、1960年代に建設された高速道路の崩落事故で、少なくとも35人が死亡した。イタリアの連立政権が2019年予算の編成作業を進める中で、悲劇は起きた。サルビーニ氏や反エスタブリッシュメント(既存勢力)政党「五つ星運動」の党首であるディマイオ副首相兼経済発展相はEUが財政赤字目標に関する規則を曲げて、伊政府による支出拡大と減税を認めるよう要求している。

原題:Salvini Points Finger at EU After Italian Bridge Disaster (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE