Photographer: NurPhoto/NurPhoto

トルコ当局、銀行の資本ルールを緩和-自己資本比率の値洗い一時停止

  • 価格が「正常化」するまでの暫定ルールだと銀行監督当局
  • 最近の市場変動が銀行資本力の「不公正な低下」引き起こしている
Photographer: NurPhoto/NurPhoto

トルコの銀行規制監督当局は苦境に陥っている国内銀行の支援で時限的な非伝統的措置を講じた。日々の時価による証券の再評価で発生する評価損が銀行の財務健全性の指標に影響を及ぼさないようにする。

  トルコの当局は14日に銀行に送付した文書で、自己資本比率の値洗いを一時停止する新ルールについて、証券価格が「正常化」するまで続くとし、「市場の最近の投機的なボラティリティー」が銀行の資本力の「不公正な低下」を引き起こしていると説明した。時価会計では、ポートフォリオは資産の簿価ではなく、現時点の時価総額で表されなければならない。

原題:Turkey Eases Capital Rules on Banks, Suspending Mark-to-Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE