ソブリン債にとどまらない、アルゼンチンとトルコは社債でも安値競う

  • トルコの銀行への打撃は特に甚大-リターン悪化を主導
  • アルゼンチンでは汚職、トルコでは政策の失敗が社債の打撃に

ソブリン債だけではない。アルゼンチンとトルコは社債でも安値争いを演じている。

  今月最もパフォーマンスが悪いドル建て新興国社債10本のうち、6本がトルコ企業、4本がアルゼンチン企業だ。最もリターンが低いのはトルコのイシ銀行の社債(2028年償還)でほぼマイナス19%、この集団で最も高いアルゼンチンの公益会社トランスポルタドラ・デ・ガス・デル・スルでさえマイナス7.3%となっている。一方、ソブリン債のリターンはアルゼンチンがマイナス7.5%、トルコはマイナス6.7%。
  
  ピクテ・アセット・マネジメントのシニア投資マネジャー、グイド・チャモロ氏(ロンドン在勤)は「アルゼンチンとトルコは結合双生児のごとく取引されている」と指摘。「その理由は異なるものの、結果は同様だ」と語った。

  トルコとアルゼンチンは共に経常収支赤字の規模が大きく、インフレ加速に苦しんでいるが、トルコは伝統的な経済政策の遂行や利上げを拒み、通貨リラや資産価格の暴落を招いた。アルゼンチンでは、中央銀行が13日に利上げに踏み切ったものの、汚職スキャンダルの急拡大で投資が失速する恐れがある。

  SMBC日興キャピタル・マーケッツのエグゼクティブディレクター、オクサナ・ラインハルト氏(ロンドン在勤)は、トルコ資産はある時点で魅力的になるかもしれないが、今トルコに投資することは「落ちてくるナイフをつかむようなものだ」と語った。

  アルゼンチンでは、リセッション(景気後退)に向かいつつある状況に加え、国内大手企業の一部が関与した汚職捜査が輪をかけた。トランスポルタドラ・デ・ガスを共同管理するパンパ・エネルヒアを含む、パフォーマンス下位の社債10本に入るアルゼンチン企業4社の全てが、この捜査に直接または間接的に関わっている。パンパの広報担当者は、社債価格の下落は同社の第2四半期の損失が影響した可能性があると説明。その他のアルゼンチン企業はコメントを控えた。

  アルゼンチンの通貨ペソは年初から35%余り下げており、世界で2番目にパフォーマンスが悪い。そして最下位に位置するのがトルコ・リラだ。
             
原題:Think Turkey, Argentine Sovereign Debt Is Bad? Look at Companies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE