コンテンツにスキップする
Photographer: Chris Ratcliffe

トランプ氏のドル売り介入あるか-無視できないと為替トレーダー

更新日時
  • トランプ政権のレトリックは積極的な介入政策の予兆との見方も
  • ドルの押し下げに動く近年で最初の大統領になる可能性も否定できず
A collection of U.S. one dollar bills sit in this arranged photograph in London, U.K., on Friday, Jan. 29, 2016. The International Monetary Fund extolled the potential benefits of virtual currencies and said they warrant a more nuanced regulatory approach, at a time when the future of bitcoin, the most well-known example, is in doubt's. Bitcoin traded at about $379 on Jan. 20, about a third of its peak in 2013.
Photographer: Chris Ratcliffe

為替トレーダーは政府当局による市場介入の兆候がないか、世界中を常に注視しているが、あの世界の準備通貨が警戒対象となることは、めったにない。

  だが状況は変わった。トランプ米大統領はドル安が望ましいとの考えを繰り返し示唆し、為替レートを操作していると他国を非難している。JPモルガン・チェースの米国担当チーフエコノミスト、マイケル・フェロリ氏によれば、トランプ政権のレトリック(言葉遣い)は、積極的な介入政策への変化を示す予兆となる可能性がある。

  ドイツ銀行は、トランプ氏がドルの押し下げ介入に動く近年で最初の大統領になる重大なリスクが存在すると受け止めている。

  ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズの通貨グループのマネーマネジャー、アーロン・ハード氏は、米当局によるドル売り介入の可能性について、「無視するのは賢明ではないだろう」と指摘。介入が実際に行われれば、初期段階で「ドル相場の非常に大掛かりな調整」を引き起こし、ドル売りを継続する米財務省の能力をトレーダーがその後に試すことになると予想した。

  米国の力強い成長と利上げ、貿易摩擦の高まりが安全資産としてのドルの魅力を高める中で、ドル相場は今年に入り約3%上昇した。日米欧当局は2000年にユーロ相場押し上げの協調介入に動いたが、米当局はそれ以降、外国為替市場でドル売り介入を行っていない。

  アムンディ・パイオニア・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、パレシュ・ウパダヤ氏は「この極めて型破りな政権を巡る予測に誰も自信が持てない」としながらも、ドルが米経済の堅調な成長と金融政策引き締めで支えられていることを考えると、「米当局が介入に動くというのは甚だ疑問」との見解を示した。

原題:FX Traders Are on Alert as U.S. Dollar Intervention Risk Climbs(抜粋)

(米当局による過去のドル売り介入の情報などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE