Photographer: Andrew Harrer

ウォール街、世界の通貨への賭けは失敗-ドル弱気派は敗北宣言

  • トルコ危機やイタリア政権とEUのあつれきで質への逃避
  • 米国は世界の資本を吸収し続け新興市場経済をぜい弱にする

ウォール街の為替ストラテジストらが練った万全の計画が、政治の妨害に遭いとん挫した。

  トルコ危機やイタリア政権指導者らと欧州連合(EU)のあつれきで、ドル弱気派は敗北を認めざるを得なくなった。質への逃避が止まらず、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は13日、1年1カ月ぶり高水準となった。

  TDセキュリティーズは2018年初めに勧めたG10通貨収れんトレードの推奨を撤回した。ユーロとスウェーデン・クローナ、ニュージーランド・ドルの米ドルおよびスイス・フランに対する10%上昇を見込んだ同取引では、4%を超える損失が出ていた。

  TDのシニア外為ストラテジスト、マゼン・イサ氏はリポートで、「世界経済の軟調局面とイタリアの政治混乱」がこの投資テーマの有望性を弱めたと説明した。

  モルガン・スタンレーもドル弱気を捨て、貿易摩擦や中国の減速、米国の流動性タイト化などがいずれも新興市場通貨に対するドル高を促すとの見方に転じた。ハンス・レデカー氏らストラテジストはリポートで、「米国は世界の資本を吸収し続け、資本流入を必要とする新興市場経済をぜい弱にする」と分析した。

原題:Wall Street’s Bet on Global Currencies Bloodied as Dollar Soars(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE