トルコ株最大ETF、資金流入拡大も要注意-空売り用の口数増か

  • iシェアーズMSCIトルコETF、10日に5300万ドル余りが流入
  • 弱気ポジション構築で口数増必要だった-ルークマン氏
Photographer: Ismail Ferdous/Bloomberg
Photographer: Ismail Ferdous/Bloomberg

トルコ株を対象とする最大の上場投資信託(ETF)への資金流入が最近膨らんだ。だが、これを強気のシグナルと捉えるべきではない。

  クレディ・スイス・グループの米州担当ETFマーケットメーキング責任者、ジョシュ・ルークマン氏によると、「iシェアーズMSCIトルコETF」への資金流入は、トレーダーらが借りて空売りするための新たな口数が必要となっていることを示唆している可能性がある。トランプ政権がトルコの鉄鋼・アルミニウムへの関税率引き上げを表明した後、同ETFには5300万ドル(約58億7000万円)余りが10日に流入、約5年ぶりの大きさを記録した。

  iシェアーズMSCIトルコETFの発行済み口数が1400万口と比較的少なく、弱気ポジションを取ろうとしているトレーダーらに供給するため口数を増やさなければならなかったとルークマン氏は話す。

  S3パートナーズのデータによれば、同ETFの空売り残高は今月、485万口と少なくとも1年ぶりの高水準に膨らんだ。10日には過去最高の売買を記録、約15%安と2008年以来の大きな下げとなった。週明けの13日は11%下落した。

Trading Turkey

Investors scoop up short positions in Turkey ETF amid currency crisis

Source: S3 Partners

原題:Turkey ETF Sees Cash Inflows Surge as Short Sellers Smell Blood(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE