Photographer: Akio Kon/Bloomberg

日本株は大幅反発、トルコ問題の過度な警戒後退-全業種高い

更新日時
  • トルコ中銀は金融システム強化へ、トルコ・リラは下げ一服
  • 為替は円安方向、円高リンクで前日急落の反動で上げ余地大-SBI証
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

14日の東京株式相場は5営業日ぶりに大幅に反発。トルコの金融システム強化に向けた取り組みなどを受けて、前日に対米ドルで最安値を付けたトルコの通貨リラの下げが一服。リスク回避の円買いが小休止して電機など輸出関連や通信中心に幅広い業種が買われた。

  TOPIXの終値は前日比27.45ポイント(1.6%)高の1710.95、日経平均株価は同498円65銭(2.3%)高の2万2356円08銭。両指数とも3月27日以来4カ月半ぶり上昇率。

  しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用部長は、トルコ問題による欧州金融機関への影響が懸念され前日の日本株は大幅安となったものの、「トルコへのエクスポージャーが大きいスペインでも5%未満。欧州中央銀行による数次のストレステストもあり欧州の銀行の経営不安は不要」と指摘。「トルコ・ショックをあおって日本株を売り込んだ向きが手じまった」と話した。

  トルコ中央銀行が13日に債務の支払準備率引き下げやリラと外貨の流動性の管理方法に関する規則緩和などを発表して以降、為替相場は円安に振れ、きょうのドル・円相場は一時1ドル=110円90銭を付けた。ユーロ・円相場も1ユーロ=126円50銭台まで円が下落。前日に1ドル=7.236リラと最安値を付けたトルコ・リラは6.8-6.9リラ台で推移している。

  為替相場の円高一服を受けてきょうの日本株は反発して開始。SBI証券の鈴木英之投資調査部長は、トルコ中銀が危機対応の政策を早期に打ち出したことが好感されているとした上で、「日本株は前週末から円高に呼応して売り込まれただけに、円高の勢いが止まったことで反発の余地が大きくなった」との見方を示した。TOPIXと日経平均は10、13日の2日間でいずれも3.3%下げ、世界の主要株価95指数のなかで下落率8、9位になっていた。1、2位はいずれもトルコ株で4.7%と4.6%。

  午後に入ると一段高となり、日経平均はこの日の高値で引けた。しんきんAMの藤原氏は短期筋の買い戻しが中心としながらも、「株価の下げを待っていた一部投資家がきのうの下げ局面で買いを入れ、トルコ懸念の緩和を受けたきょうも買いに動いたのではないか」とみている。

  • 東証1部33業種の上昇率上位は倉庫・運輸関連、精密機器、情報・通信、陸運、電気・ガス、不動産
  • 売買代金上位では4-6月期営業利益が前年同期比4.2倍となったブイ・テクノロジー、利益が市場予想を上回った光通信、SMBC日興証券が目標株価を上げたソフトバンクグループが上昇
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が業績予想を減額したスタートトゥデイ、みずほ証券が投資判断を下げたコカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスは下落
  • 東証1部の売買高は12億624万株、売買代金は2兆533億円
  • 値上がり銘柄数は1795、値下がりは264
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE