ニールセン株が過去最大の上げ-エリオットが株式取得、売却促す

  • エリオットは株式とオプションでニールセン持ち分8.4%を獲得
  • 公表を受けニールセンの株価は一時17%高に上昇

ポール・シンガー氏率いるヘッジファンド運営会社エリオット・マネジメントは米調査会社ニールセン・ホールディングスの株式を取得し、同社の売却を求めた。これを受け、ニールセンの株価は新規株式公開(IPO)以来最大の上げを演じた。

  13日の当局への届出書によると、エリオットは株式とオプションでニールセン持ち分8.4%を獲得した。またエリオットはニールセンに対して「全面的な戦略見直しを求め、売却に向けた手続き開始を促す」方針も明らかにした。

  エリオットは、ニールセンがいくつもの悪材料を発表し株価が下落した7月26日に株式を取得した。この日に失われた時価総額は25%強に相当する27億ドル(約3000億円)。ニールセンは通期の収益見通しを下方修正したほか、最高経営責任者(CEO)が退任することも明らかにした。さらに消費者の購入行動を調べる「バイ」部門の選択肢を検討していると発表した。同社が抱える約85億ドルの債務も、経営てこ入れをさらに難しくしている。 

  ニールセンの株価は13日、一時17%高の25.67ドルとなり、取引時間中として2011年のIPO以来最大の上昇率を記録した。株価は今年初めから今月10日までに40%下落していた。

原題:Elliott Unleashes a Record Nielsen Rally by Urging Sale (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE