中国の与信の伸び、7月に鈍化-景気への懸念浮き彫り

  • 経済全体のファイナンス規模、新規融資の伸びがいずれも鈍る
  • ファイナンス規模は新方式で算出、17年1月にさかのぼって改定

中国経済全体のファイナンス規模は7月に伸びが鈍った。当局は成長下支えのための追加措置を講じ始めており、今回の統計は景気への懸念を浮き彫りにした。

  中国人民銀行(中央銀行)が13日発表した7月のファイナンス規模は1兆400億元(約16兆7000億円)。6月は、人民銀が導入した同データの新たな算出方式で1兆3900億元、従来方式では1兆1800億元だった。新方式は算出に含める与信の種類を増やしており、ブルームバーグがまとめた市場予想や過去に発表されたデータと単純比較できない。人民銀は2017年1月にさかのぼって同データを新方式で算出し直して公表した。

  7月の人民元建て新規融資は1兆4500億元。市場予想は1兆2750億元。6月は1兆8400億元。7月のマネーサプライ(通貨供給量)M2は前年同月比8.5%増。6月は8%増と、統計開始後で最も低い伸び率だった。

  7月の新規融資については、中国銀行保険監督管理委員会が週末に速報値を発表していた。人民銀の発表数値は、それと一致した。

Lending Remeasured

China's central bank revises aggregate financing data

Source: People's Bank of China

Note: PBOC released updated aggregate finance data series Aug. 13

原題:China’s Slower Credit Growth Underscores Worries Over Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE