マスク氏:非公開化の「資金確保」表明、きっかけはサウジとの会談

米電気自動車メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は同社の株式非公開化検討を先週に突然公表したことについて、サウジアラビアの政府系ファンドが関心を示したことがきっかけだと明らかにした。

  マスク氏は13日にブログに投稿し、サウジの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)が約2年前に、テスラの非公開化に関して協議するためマスク氏に接触してきたと説明。PIFがここ最近にテスラ株を5%近く取得したことを確認した。マスク氏は7月31日に開かれたPIFとの会談に言及。同会談では、テスラが非公開化の取り組みを前進させていなかったことについてPIFのマネジングディレクターが遺憾の意を示したという。

  ブログでマスク氏は「7月31日の会談後、私はサウジ政府系ファンドとのディールが完了可能であり、問題は単にプロセスの前進だということに疑いを持たなかった」と指摘。7日に「テスラを1株420ドルで非公開化することを検討している。資金は確保した」とツイートしたのは、それが理由だと説明した。

  マスク氏はPIFのマネジングディレクターと連絡を取り続けているとしたが、名前は明かさなかった。またテスラの他の大株主に接触しているとしたほか、非公開化に必要な資金の大半は債務ではなく株式で調達すると述べた。

原題:Musk Says ‘Funding Secured’ Claim Sparked by Saudi Meeting (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE