米ネットフリックス、CFO退任へ-加入者急成長の裏に巨額投資

米ネットフリックスはデービッド・ウェルズ氏が最高財務責任者(CFO)を退任する意向であることを明らかにした。同氏が在籍した過去8年間に、ネットフリックスはハリウッドと肩を並べる一大コンテンツ企業へと成長した。

  13日の発表資料によれば、ウェルズ氏(47)は後任者の選出作業に協力するとともに、引き継ぎがスムーズに進むよう後任者が就任するまで会社にとどまる。

  ネットフリックスは既存の映画会社などに対抗すべく、独自コンテンツの制作に巨額の資金を投じてきた。この戦略が奏功し加入者数は世界的に増加したが、その一方で同社財務の健全性に対する懸念を高めることにもなった。  

原題:Netflix’s CFO to Step Down Following Cash-Fueled Expansion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE