8月13日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドルや円など安全通貨が堅調-トルコ混乱でリラ急落

  13日のニューヨーク外国為替市場では、ドルがこの日の高値付近を維持。トルコの金融市場混乱が他の市場に波及するとの懸念から高リスク資産が圧迫された一方、スイス・フランや円といった安全通貨には買いが入った。

  トルコ・リラは7%余り下落し、新興国通貨の中で最大の下げ。トルコのエルドアン大統領は米国に対する強気姿勢を軟化させる兆しを全く見せていない。一方でトルコ中央銀行は、リラ急落の中で金融システムを強化し投資家の信頼感を高めるための措置を発表した。

  この日は新興国の株式相場も急落。S&P500種株価指数も下げた。ブルームバーグ商品指数は0.8%安。ニューヨーク金先物相場は1オンス=1200ドルを割り込んだ。

  ニューヨーク時間午後4時46分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比0.2%上昇。一時0.3%上昇となった。ドルは対ユーロで0.1%未満上昇の1ユーロ=1.1408ドル。対円では0.1%下げて1ドル=110円69銭。リラは7.3%安の1ドル=6.9022リラ。

  ウェルズ・ファーゴの通貨戦略責任者、ニック・ベネンブローク氏はリポートで「リラに対してはしばらく下押し圧力が続く可能性が高い。トルコでの出来事は、少なくとも一時的には金融市場の不安定要素だ」と分析した。

欧州時間の取引

  ドルや円は欧州時間も上昇。リラや南アフリカ・ランドなど新興国通貨が値下がりする中で安全資産への需要が高まった。円は主要10通貨全てに対して値上がりした。
原題:Haven Currencies Steady as Turkey Turmoil Persists: Inside G-10(抜粋)
Dollar Buoyed as Turkey Weighs on Risk Appetite: Inside G-10
Dollar Gains as Yen Stays Haven Currency of Choice: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:株が続落、トルコ巡る懸念で-商品も安い

  13日の米株式相場は続落。ただトルコ金融市場混乱の波及は、総じて新興国市場内にとどまった。ドル高を背景に、原油から金属まで幅広い商品売りが見られた。米国債は朝方に不安定な値動きとなったが、午後は狭い値動きに終始した。

· 米国株は続落、トルコの金融市場混乱を懸念-S&P500は4日続落
· 米国債はまちまち、10年債利回りは午後に落ち着き2.88%
· NY原油は反落、ドル上昇が重し-トルコ情勢で需要懸念も
· NY金は続落、1オンス=1200ドル割れ-ドル高逆風に

  S&P500種株価指数は4営業日続落。エネルギーや素材、金融などの軟調で、ここ5カ月で最も長い下落局面となった。トルコ・リラは対ドルで4営業日続落。幅広い新興国株式と通貨が大幅安となった。

  S&P500種は前週末比0.4%安い2821.93で終了。ダウ工業株30種平均は125.44ドル(0.5%)安の25187.70ドル、ナスダック総合指数は0.3%下げて7819.71で終えた。ニューヨーク時間午後4時56分現在、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.88%。

  ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が反落。トルコ金融市場の混乱やドルの上昇を受けて、世界の石油需要に対する不安が高まった。みずほセキュリティーズUSAの先物部門ディレクター、ボブ・ヨーガー氏は、「ドル高が背景だ。この逆相関がまず原油への圧力になっている」と述べた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は43セント(0.6%)安い1バレル=67.20ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント10月限は20セント安の72.61ドルで終えた。

  ニューヨーク金先物相場は続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は1.7%安の1オンス=1198.90ドルと1200ドルを割り込んで終了。引けベースで2017年1月以来の安値で、日中の下げ幅としては6月半ば以降で最大。安全資産と見なされる円やドルに資産を移動させる動きが高まったが、ドル上昇により投資妙味が薄れる金は逃避先として選ばれなかった。

  ルートホールドの最高投資ストラテジスト、ジム・ポールセン氏はこの日の株式市場について、「朝方の上げが失われたことで、トルコのリスクがまだ拡大し続けており、大きなイベントになるのではとの懸念が広がった」と指摘。「波及リスクがこの日の主な相場材料だ」と語った。

  米国債イールドカーブ(利回り曲線)はスティープ化。利回り差は5年債と30年債、また10年債と30年債の双方で拡大した。
原題:U.S. Stocks Fall, Dollar Gains Amid Turkey Fears: Markets Wrap(抜粋)
USTs Mixed, Long-End Lags as Risk-Off Bid Fades; Futures Active
Oil Dips as Dollar Rises, Turkish Tumult Elevates Demand Concern
No Safe Haven in Gold as Prices Sink to Lowest Since Early 2017

◎欧州債:ドイツ国債が上げ消す、イタリア国債は下落

  13日の欧州債市場では、短期物を中心にドイツ国債が比較的堅調だったものの、トルコを材料としたリスクオフによる上昇は続かなかった。イタリアの政局不安がくすぶる中、伊国債は持ち直すことができなかった。

  ドイツ国債は朝方に広がったリスクオフのセンチメントを足掛かりに値を伸ばすことができず、独10年債利回りは0.32%で変わらず。

  イタリア国債は5年債中心に下落、最初は2年物が下げていた。EUが好むと好まざるとにかかわらず、イタリアの年金支給開始年齢引き上げを定めた法律を廃止するというサルビニ副首相発言が注目された。

  スペイン10年債利回りは4bp上昇の1.45%、イタリア10年債利回りは9bp上昇の3.08%。
原題:Bunds Pare Gains, BTPs Hold Losses; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE