きょうの国内市況(8月13日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株は大幅続落、トルコ懸念で世界的にリスク回避ー輸出や素材安い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は大幅安で4営業日続落。米国との緊張が高まるトルコの金融市場混乱が欧州の金融機関に悪影響を与えるとの懸念が強まる中、為替相場が対ユーロを中心に円高に振れたため電機や機械といった輸出関連など幅広いセクターが売られた。

  TOPIXの終値は前週末比36.66ポイント(2.1%)安の1683.50と、3月23日以来の下落率で7月5日以来の安値。日経平均株価は440円65銭(2%)安の2万1857円43銭と、7月6日以来の安値で引けた。

  農林中金全共連アセットマネジメントの山本健豪ファンドマネジャーは、「米国との対立による通貨リラの急落などはトルコ独自の問題と認識はしていても、スペインをはじめ同国へのエクスポージャーが大きいユーロ圏の金融機関の経営不安をあおる動きが、結果的に為替のユーロ安や日本株急落につながった」と指摘。「両国の対立がどう着地するか見通せないことから、夏期休暇で薄商いの中ヘッジ目的などの先物売りに押された公算が大きい」との見方も示した。

  東証1部33業種はサービスを除く32業種が下落。円高で機械や電機など輸出関連、非鉄金属や鉄鋼など素材関連が下落率上位。

  売買代金上位では4-9月期利益計画を下方修正した三井金属、1-6月期減益だったコカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスが大幅安。4-6月期営業利益が市場予想を上回ったリクルートホールディングス、今期も増収増益を計画したドンキホーテホールディングスは上昇。

  東証1部の売買高は15億2364万株、売買代金は2兆5145億円。値上がり銘柄数は191、値下がりは1884。

●債券上昇、トルコ懸念で安全資産需要-長期金利は0.1%割れに

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は上昇。長期金利は約2週間ぶりに0.1%割れとなった。トルコ情勢の先行き不透明感を背景に世界的に金融市場が不安定化する中、安全資産としての債券需要が強まった。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の351回債利回りは、日本相互証券が公表した前週末午後3時時点の参照値から横ばいの0.10%で取引を開始した後、0.095%と1日以来の水準に低下した。

  岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジストは、「世界的な株安・債券高の流れを受けて円債もじり高。トルコ情勢などを背景にリスク回避姿勢は続かざるを得ず、安全資産需要で主要国の債券は底堅い」と指摘。一方、「円債は日本銀行が0.2%程度まで長期金利の上昇を容認したすぐ後なので、積極的に上値を追う動きも出にくい」とし、高値圏で膠着(こうちゃく)する可能性があると言う。

  長期国債先物市場で中心限月9月物は前週末比8銭高の150円35銭で取引を開始。一時は150円39銭と、日中取引ベースで1日以来の高値を付けた。結局は11銭高の150円38銭で引けた。

●円が全面高、トルコショック波及を警戒したリスク回避の動き

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場で円は主要通貨に対して全面高。トルコ市場の混乱やその悪影響の波及を警戒したリスク回避の円買いが優勢だった。半面、ユーロは、トルコ向け投融資が多い欧州金融機関への懸念から対ドルで約1年ぶりの安値を付けた。

  午後3時46分現在の円は主要16通貨全てに対して前週末比で上昇。前週末の米政府によるトルコへの関税引き上げ発表や、トルコのエルドアン大統領による米政府や金融市場に対する挑発的発言を受けて、相場は朝方から円買いが先行した。

  円買いはドル・円相場の重しともなり、午後に一時1ドル=110円11銭と6月28日以来のドル安・円高水準を付けている。その後は、トルコ中央銀行がリラ建てとドル建て債務の支払準備率を引き下げる金融安定化策を発表したのを受けて下げ渋った。

  FPG証券の深谷幸司社長は、「リスク回避で円は買われやすい。円売りポジションを手じまう動きで買い戻しが入りやすい」と指摘。「トルコの外貨建て負債のファイナンスがどうなるか。欧州金融機関の話が落ち着かなければ、円高基調は収まらないだろう」と述べた。

  トルコリラ相場は、対円では一時1リラ=15円46銭、対ドルでは1ドル=7.23リラを超えて、それぞれ過去最安値を更新。その後、トルコの銀行規制監督庁がリラのスワップ取引を制限する措置を表明したことや、トルコ中央銀行の金融安定措置を受けて6.45リラまで戻した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE