トルコ中銀、市中銀行支える措置発表-リラ安に歯止めかからず

更新日時
  • 金融システム強化や投資家の信頼感向上を図る
  • リラ建てとドル建ての債務について支払準備率を引き下げ

トルコの政策当局は13日、通貨リラ急落の中で金融システムを強化し投資家の信頼感を高めるための措置を発表した。同国の通貨、株式、債券は下げを拡大した。

  トルコ中央銀行は「必要なあらゆる措置を講じる」と表明。債務の支払準備率を引き下げたほか、リラと外貨の流動性の管理方法に関する規則を緩和した。利上げへの言及はなかったが、あらゆる選択肢を検討すると説明した。

  13日発表の声明によれば、中銀はリラ建てとドル建ての債務について支払準備率を引き下げた。最大で100億リラ(約1660億円)、60億ドル(約6620億円)、30億ドル相当の金が追加で利用可能になる。

  中銀は「中銀は市場の深さと価格形成を注視し、金融安定維持のために必要なあらゆる措置を講じる」と表明した。

  中銀の発表後、外国為替市場ではリラが一時下げを縮小したが、その後再び下げを拡大し、トルコ時間午後5時40分時点では約6.2%安の1ドル=6.8279リラ。トルコ2年債の利回りは94ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して25.74%と、2008年の世界金融危機以来の高水準。主要株価指数は2%安となった。

原題:Turkey Takes First Steps to Bolster Banks Amid Lira Decline (2)(抜粋)
Turkey Central Bank Takes Steps to Support Banks as Lira Slides

(市場の反応などを追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE