トランプ氏:ハーレーダビッドソンへのツイッター「口撃」再開

  • 米国外に生産を移転した場合、ボイコットを支持するとトランプ氏
  • 一部生産の海外シフト発表をきっかけにトランプ氏との関係悪化

トランプ米大統領はかつて「真の米国の象徴」と称賛していた米二輪車メーカー、ハーレーダビッドソンを再びツイッターで批判し、同社が一部生産を米国外に移転した場合、同社製品のボイコットを計画している所有者を支持すると表明した。

  トランプ氏は「ハーレーの競合他社を含む多くの企業がこちら側に来つつある。実にまずい動きだ。米国の競争環境はもうすぐ公平かそれ以上のものになるだろう」とツイートした。

  ハーレーは6月、トランプ政権の鉄鋼・アルミニウム関税に対する欧州連合(EU)の報復措置への対応として、欧州向けオートバイの生産を海外施設に移す計画を発表。それをきっかけに、トランプ氏との関係が一変した。
  
  ハーレーは海外で製造されたオートバイを米国内で販売しておらず、その方針は変わらないとしている。同社は12日、7月30日のCNBCとのインタビューでのマシュー・レバティッチ最高経営責任者(CEO)のコメントに言及。インタビュー原稿によると、同CEOは米国から世界中の顧客に供給する方が好ましいとしながらも、ここ20年にわたり海外で生産拠点を設けてきたのは、一部市場での貿易・関税上の制約のために法外な価格となり、価格に基づけば一部顧客へのアクセスを失いかねないからだと述べていた。

原題:Trump Backs Harley Boycott If Some Production Moves Overseas (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE