中国:7月の新規融資が予想上回る、債務抑制緩和で-速報値

  • 新規融資は1兆4500億元-予想1兆2750億元
  • インフラ向け融資は1724億元と前月から469億元増

中国の人民元建て新規融資は7月に前年同月から増加し、市場予想を上回った。当局は景気減速や貿易摩擦の長期化に伴うリスクを減らすため、債務抑制に向けた取り組みを和らげている。

  中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)のウェブサイトに11日掲載された速報値によると、7月の人民元建て新規融資は1兆4500億元(約23兆4200億円)。前年同月から6237億元増えた。ブルームバーグ調査では1兆2750億元が見込まれていた。6月は1兆8400億元だった。

  銀保監会によれば、着工済みプロジェクトの資金確保を目的とした銀行の与信拡大に伴い、インフラセクター向け新規融資は1724億元と前月から469億元増加した。

原題:China New Yuan Loans Beat Estimate as Policy Makers Seek Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE