コンテンツにスキップする
deals

後発ながらプロが乗り換えるソニー製カメラ、競合2社の牙城崩せるか

  • センサー高度化で小型・軽量化に成功-連写も「シャッター音」なし
  • プロ向け市場、まだキヤノン、ニコンが優位-三つどもえの戦い必至に

ロデオで跳ね馬にカウボーイがまたがっていられるのは平均でたった8秒間という。ピントを合わせながら馬の躍動的かつ予測不能な動きを追いかけ、絶妙な一枚の写真に収めるのは至難の業だ。だが、カメラの進化がこうした苦労からプロカメラマンを解放しつつある。

  湾岸戦争の取材経験もある米国の写真家、ケネス・ジャレッケ氏は愛機をキヤノンの一眼レフからソニーのフルサイズミラーレス「α(アルファ)7R Ⅲ」に変えた。「以前は自分でピントを合わせ、うまくいくのを祈るしかなかった」が、今回は動く被写体の自動フォーカス機能や連写機能も使い最高の瞬間を捉えた。何より画質の高さが気に入っている。

Billings

ソニーの「α7R Ⅲ」で7月4日に米モンタナ州で撮影されたロデオの写真。一眼レフでこのような再現は難しい

Photographer: Kenneth Jarecke/Contact Press Images

  優れた写真に贈られるロバート・キャパ賞の受賞経験がある米写真家、デビッド・バーネット氏も今はソニーの愛用者だ。2018年2月開催の韓国・平昌冬季五輪には最上位機種「α9」で臨んだ。時に4つのカメラを持ち運ぶこともあるため、小型軽量化が進んだ「ソニーのカメラの軽さやサイズが好きだ」という。

  スポーツを中心としたプロ向け市場で、ソニー製のカメラに乗り換える動きが広がっている。メディアの情報発信もデジタル化が進み、細部までより鮮明な写真(画像)が求められる中、ソニーは得意のセンサー技術を生かして長らくキヤノンとニコンが二分してきた同市場にくさびを打ち込んだ。

「ミラーレス」

  ソニーは06年のコニカミノルタのカメラ部門買収を機にプロ向け市場へ本格参入。他社に先駆け13年に最も画素数の多いフルサイズミラーレスを発売した。ファインダーとレンズの枠を「一眼」に一致させる鏡やそれを内部でたたむ複雑な構造がなく、重さはバッテリー込みで673グラムと競合2社の同等機種の半分以下だ。シャッター(機械)音がないのも特長だ。

  米国モーニングスターの伊藤和典アナリストはソニーのカメラの将来性について、「オートフォーカス機能や画質を向上させるイメージセンサーが進化しており、さらにマーケットでのシェアを拡大できるポジションにいる」という。

relates to 後発ながらプロが乗り換えるソニー製カメラ、競合2社の牙城崩せるか

ソニーのフルサイズミラーレスα9(右)とα7

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  α9はカメラ記者クラブ主催の「カメラグランプリ2018」で5月に大賞を受賞した。実行委員長を務めたアサヒカメラ編集部の猪狩友則氏は、無音連写機能は「ミラーレスの可能性を予感させる」との投票が多かったと評価。同クラブの福田祐一郎代表幹事は静寂が求められるゴルフの試合などでは既にαシリーズが使われていると述べた。

ライバル

  だが、キヤノンとニコンが築いてきた市場には、まだ優位性もある。例えば、2社のレンズラインアップはそれぞれ70本以上、約90本とソニーの約30本(フルサイズミラーレス向け)を大きく超える。大規模イベントなどでのサポート体制もカメラの貸し出しや簡易修理まで万全だ。

  ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズの松下洋之・商品企画部統括部長は、「プロにきちんと使っていただくのにはタイムラグが少しある」ものの、今後は周辺環境を整えていきたい考えを示した。レンズのラインアップ拡充などにより「あらゆる分野のプロに使っていただきたい」と意欲的だ。

relates to 後発ながらプロが乗り換えるソニー製カメラ、競合2社の牙城崩せるか

ソニーα9に内蔵されたフルサイズのイメージセンサー

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  カメラ映像機器工業会によると18年1-6月の一眼レフの国内出荷台数は前年同期比約25%減の24万6150台だったが、ミラーレスは約9%増の29万2269台と勢いがある。ニコンは年内にフルサイズミラーレスを発売する予定で、キヤノンも田中稔三副社長が「ミラーレスの最高級を下期に出す」と表明している。

シャッター音のない記者会見

  アサヒカメラの猪狩氏は、一眼レフは「大きく重くてシャッター音がうるさい」ため、10年程度先のスポーツ写真ではミラーレスが主流となっている可能性を指摘する。スポーツを皮切りに今後、ソニーのミラーレスがあらゆる場面で業界標準になれば、記者会見場からシャッター音が消えるだろう。

  「来年の天皇陛下退位・即位式典会場で唯一使用を許されるのはソニーかもしれない」ープロカメラマンの間では最近、こんなうわさが飛び交っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE