米国:イランの原油販売は50%減の見通し、目標に届かず-関係者

  • 過去1年のイランの原油輸出は日量平均で約210万バレル
  • 米国は11月前半にエネルギー関連の対イラン制裁を再開する構え

トランプ米政権は、イランに対するエネルギー関連制裁を11月前半に再開する際、各国にイラン産原油の輸入を日量最大100万バレル削減するよう説得できると予想している。イランによる原油販売の停止を目指す同政権の取り組みに詳しい関係者2人が明らかにした。

  削減幅の予想レンジは日量70万-100万バレルと、イランにとっては大幅減となるものの、米国が発表していたイラン産原油の完全輸入停止という目標は下回る。ブルームバーグ集計のデータによると、過去1年のイランの原油輸出は平均で日量約210万バレルだった。

原題:U.S. Is Said to Forecast 50% Cut in Iran Oil Sales, Missing Goal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE