中国のHNA、ホテル運営ラディソンHD売却へ-錦江国際に

  • 積極買収で多額の負債を抱えたHNA、16年にラディソン株取得
  • 上海市が経営権握る錦江は海外事業強化-中国人観光客増が追い風

中国の複合企業、海航集団(HNAグループ)は傘下のホテル運営会社ラディソン・ホールディングスを中国の錦江国際に売却することで合意した。

  9日の発表資料によると、錦江はラディソン・ホールディングスを完全取得する考えだが、全体の買収額は公表しなかった。今年末までに買収が完了する見通し。ブルームバーグは錦江がラディソン買収を検討していると先に報じていた

  過去の積極買収で多額の負債を抱えたHNAは資産売却を進めており、今年に入りヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスやNHホテル・グループの持ち株など170億ドル(約1兆9000億円)超相当を売却。ラディソン株は2016年に取得していた。

  上海市政府が経営権を握る錦江は、フランスの同業アコー株も12.3%保有。中国人の海外旅行が増える中、買収を通じて国外事業を強化している。宿泊施設のデータを提供するSTRによると、ラディソン買収で錦江は34万4000室を有する世界7位のホテル企業になる。

  HNAの広報担当者はコメントを控えた。

原題:HNA to Sell Radisson Holdings to Chinese Hotel Giant Jin Jiang(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE