NZ中銀、利下げの可能性高まる-マクダーモット総裁補佐

ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)は利下げする可能性が高まったと、マクダーモット総裁補佐が9日述べた。成長率が7-9月期に想定どおり加速するのか、経済統計を注視すると話した。

  同総裁補佐はウェリントンでのインタビューで、金利引き下げの「トリガーポイントにさらに近づいた」と言明した。

  NZ中銀は同日、政策金利のオフィシャル・キャッシュレートを過去最低の1.75%に据え置くとともに、同金利引き上げの見込み時期を2020年7-9月期と、5月に示した予想から1年先送りし、エコノミストや投資家を驚かせた。同中銀は経済成長率が今年4-6月期に2.3%に低下後、7-9月期は2.5%に回復すると見込んでいる。

原題:RBNZ Says Rate-Cut Chances Have Increased on Weaker Growth (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE