トルコ:リラ最安値、米牧師釈放拒否と当局者-市場は7年で最も弱気

9日の外国為替市場でトルコの通貨リラは再び過去最安値を更新、国債利回りは急上昇した。トルコ中央銀行への投資家の不信に対米関係の一段の悪化が加わり、リラに対する投資家センチメントは7年で最も弱くなっている。

  リラは一時3%余り下落し1ドル=5.4385リラを付けた。年初来の下落率は約30%に達した。トルコの訪米団が米国人牧師釈放を約束することを拒んだと、米当局者が匿名を条件に述べていた。牧師の拘束問題は既にトルコ資産に打撃を与えている。

  10年物国債利回りは60ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し19.67%。リラを買う1カ月物オプションに対する売りオプションのプレミアム(リスクリバーサル)は今週、2011年以来で初めて5ポイントを超えた。

原題:Lira Falls to Fresh Record With No Letup in Turkey-U.S. Tensions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE