アディダス:4-6月の売上高と利益、予想上回る-W杯効果で

ドイツのスポーツ用品メーカー、アディダスの4-6月(第2四半期)決算は、売上高と利益がアナリスト予想を上回った。サッカー・ワールドカップ(W杯)効果で、米国とアジアの伸びが目立った。

  9日の発表資料によると、売上高は為替変動調整後で前年同期比10%増の52億6000万ユーロ(約5840億円)。アナリストの予想平均では51億7000万ユーロが見込まれていた。アディダス・ブランドが12%増と好調。地域別では北米とアジア太平洋、中南米、ロシアがいずれも2桁台の増収率となった。

  営業利益は5億9200万ユーロ。市場予想は5億4800万ユーロだった。同社は今年通期の売上高について、為替変動調整後で10%増との見通しをあらためて示した。

原題:Adidas Sales, Profit Beat Estimates as World Cup Drives Growth、Adidas Second Quarter Operating Profit Beats Highest Estimate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE