米マイラン:戦略的な選択肢を検討へ、北米販売が不振-価格下落で

米医薬品メーカー、マイランは国内での製品価格下落に引き続き苦戦する中、戦略的な選択肢を検討すると発表した。

  マイランのようなジェネリック品(後発医薬品)メーカーはここ2年間、価格下落に直面している。同社が8日発表した4-6月(第2四半期)の北米売上高は22%減少。急性アレルギー反応の応急措置に使われる自己注射薬「エピペン」などの販売量減少が影響した。

  同社の通期見通しは調整後1株当たり利益4.55-4.90ドルと、アナリスト予想の同5.25ドルを大きく下回った。

  マイランは発表資料で今後の選択肢を見極めるため、戦略委員会を設立したことを明らかにした。

原題:Mylan to Weigh Its Options as North American Sales Plummet (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE