サウジがカナダへの追加措置検討、資産売却の報道も-対立深まる

  • カナダ・ドル下落-カナダ資産売却をサウジ中銀などが指示とFT紙
  • 女性の活動家拘束への批判受け、サウジはカナダとの外交関係停止

サウジアラビアがカナダに対する追加措置を検討している。女性の人権活動家をサウジ当局が拘束したことを巡って両国は対立を強めており、サウジが保有するカナダ株・債券の売却計画も一部で報じられた。

  サウジのジュベイル外相はリヤドでの記者会見で、この対立に仲裁は不要だと発言。「カナダは何をするべきか分かっている」と述べた。

ジュベイル外相

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、サウジの中央銀行と国営年金基金がそれぞれの海外資産運用担当者に対し、カナダ資産を7日から売却するよう指示したと伝えた。報道後にカナダ・ドルは一時0.5%安の1米ドル=1.3120カナダ・ドルに下落した。トロント時間午前10時3分現在は0.1%安。

  女性の活動家拘束をカナダのフリーランド外相が批判したことを受け、サウジは5日、カナダとの外交や新たな貿易関係を停止した。

原題:Saudi Arabia Mulls More Measures Against Canada in Spat (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE