中国:7月の輸出が予想上回る、輸入も大幅増-貿易摩擦の中で

更新日時
  • 輸出はドルベースで前年同月比12.2%増-予想10%増
  • 輸入が27.3%増、貿易収支は280億ドルの黒字

中国の7月の輸出の伸びは予想を上回る一方、輸入も大幅に増えた。対米貿易に不確実性はあるものの、内外需の伸びが続いていることを示した。

  税関総署が8日発表した7月の輸出はドルベースで前年同月比12.2%増加。市場予想は10%増だった。一方、輸入は同27.3%増。貿易収支は280億ドル(約3兆1200億円)の黒字となった。

  世界最大の輸出国である中国は、依然として世界の堅調な需要から恩恵を受けているが、米国との緊張の高まりや貿易障壁の拡大が見通しの重しとなっている。警告されている関税の大半はまだ発動されていないものの、米中の報復合戦は激化している。

  INGホールセール・バンキングの大中華圏担当エコノミスト、アイリス・パン氏(香港在勤)は「予想を上回る輸入の伸びはエネルギー価格に押し上げられたもので、これが貿易黒字の縮小につながった」と指摘。「関税の影響はまだ輸出に反映されていない。月間ベースで関税の影響が表れるのは8月になるだろう」と述べた。

原題:China Imports Jump, Exports Robust as Trade War Yet to Take Toll(抜粋)

(3段落目以降に背景やコメントを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE