Photographer: Shiho Fukada/Bloomberg

強い台風13号、暴風域を伴ったまま9日明け方に東京に最も接近へ

  • 9日午後にかけて関東地方や東北太平洋側にかなり接近し上陸する恐れ
  • 大雨と暴風・高波に警戒するよう気象庁では呼びかけ
Photographer: Shiho Fukada/Bloomberg

気象庁によると、強い台風13号は8日午前11時には勝浦市の南南東約220キロにあり、時速15キロで北北西へ進んでいる。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径100キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

  台風は今後も強い勢力を維持したまま暴風域を伴って北上し、8日夜遅くから9日午後にかけて関東地方や東北太平洋側にかなり接近し、上陸する恐れもある。台風の速度が遅いため、影響が長引く可能性がある。

  東京には9日明け方に最も接近する見込みで、大雨と暴風・高波に警戒するよう気象庁では呼びかけている。東京で9日午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で200ミリ、9日にかけて予想される最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE