イランと北朝鮮、関係強化を約束―トランプ大統領の圧力受け

  • 7日のテヘランでの外相会談で関係拡大呼び掛ける―IRNA
  • トランプ政権の圧力が制裁対象国同士を結び付けるリスク浮き彫り
A woman wearing a chador walks past a wall mural on a street in Tehran, Iran. Photographer: Ali Mohammadi/Bloomberg
Photographer: Ali Mohammadi/Bloomberg

イランと北朝鮮が関係強化に動いている。両国ともにトランプ米大統領から核開発をやめるよう圧力を受けており、それが制裁対象国同士を結び付けるリスクが浮き彫りになった。

  国営イラン通信(IRNA)によると、ザリフ外相と北朝鮮の李容浩外相は7日、テヘランの会談で両国の関係拡大を呼び掛けた。IRNAは会談の詳細についてはあまり触れず、両外相が「最近の地域および国際情勢のほか、両国の関心事を話し合った」と伝えた。

原題:Iran, North Korea Forge Stronger Bond Under Trump’s Pressure(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE