テスラのオプション取引急増、近く株価420ドルに到達と見込む

  • 1株420ドルでの株式非公開化を検討とマスクCEOがツイート後
  • 行使期限10日と17日、行使価格420ドルのコールの価格急伸
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

トレーダーらは米電気自動車(EV)メーカー、テスラの株価が近く420ドルに到達すると見込んだオプション取引を行っている。

  テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が1株420ドルで株式を買い戻し同社を非公開化することを検討していると、ニューヨーク時間7日午後0時48分(日本時間8日午前1時48分)にツイートした後、行使期限が今月10日と17日、行使価格420ドルのコールオプション(買う権利)はそれぞれ460%と1000%値上がり、出来高も急増した。

  7日午後、テスラ株は一時7.4%高の376.25ドルを付けた後、売買停止となった。その後に取引再開され終値は11%高の379.57ドル。テスラは空売り投資家が最も選好する銘柄の1つ。このため、そのような投資家がポジション解消を余儀なくされ株価が急伸することがあり得る。

  テスラのコールオプションの保有者は行使期限までの間に行使価格でテスラ株を購入できる。

原題:Tesla Option Traders Are Betting on a Quick Trip to $420 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE