グーグルが中国の法に従うなら再参入を歓迎-人民日報

  • 2010年の中国撤退決定は「大失敗」だったと論評
  • 本土に戻るには「法規に従うことが前提だ」と強調

中国共産党の機関紙、人民日報は、世界最大の検索エンジンであるグーグルが中国の法律に従い、国内でインターネットを管理する当局の権限を認めるのであれば、同社の再参入を歓迎するとした論説を掲載した。

  同紙は、アルファベット傘下のグーグルが2010年にハッキングや検閲を理由に中国から撤退した決定について、「中国本土におけるインターネットの発展に参加する絶好の機会を逸することにつながった大失敗だった」と指摘。「グーグルが本土に戻ることを歓迎するが、法規に従うことが前提だ」とした。

  事情に詳しい複数の関係者が語ったところによれば、グーグルは中国政府がデリケートと見なす検索結果を表示しない検索アプリや現地企業との提携を通じて中国に再参入する方法を探っている。撤退後、グーグルのサービスの大半は中国でブロックされている。再参入の可能性に関するニュースは従業員の抵抗に遭っているほか、人権擁護団体や議員の批判を招いている。

原題:Google Welcome in China If It Obeys the Laws, State Media Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE