陰謀論者ジョーンズ氏の投稿を削除-ユーチューブやFB、アップル

  • ヘイトスピーチなど社会基準に反するコンテンツを繰り返し投稿
  • サンディフック銃乱射事件の犠牲者遺族はジョーンズ氏を提訴

アレックス・ジョーンズ氏

Photographer: Oli Scarff/Getty Images Europe

フェイスブックとユーチューブは6日、陰謀論者として知られるアレックス・ジョーンズ氏の投稿を削除した。同氏のコンテンツが規約に違反すると判断した。アップルとスポティファイ・テクノロジーも同様の措置を取った。

  フェイスブックはジョーンズ氏が投稿した4ページ分の情報を削除。ヘイトスピーチやいじめ、暴力の美化に関する社会基準に反するコンテンツをこの数日間で繰り返し投稿したためだと説明した。

  テクノロジー各社はかなり前からジョーンズ氏のコンテンツを削除するよう求める圧力を受けていた。同氏はウェブサイト「インフォウォーズ」を通じ、2012年に起きたコネティカット州サンディフック小学校の銃乱射事件は政府に仕組まれたものであり、11年9月11日の同時多発テロは政府の「内部者による犯行」だといった陰謀説を展開。サンディフック事件で死亡した児童の家族に名誉毀損(きそん)で訴えられている。

  ツイッターは6日午後時点でジョーンズ氏およびインフォウォーズを削除していない。同社の広報担当者は、インフォウォーズと関連アカウントが現時点ではツイッターの規約に従っていると確認。インフォウォーズに掲載されている情報はツイッターには投稿されていないことが多く、インフォウォーズのツイートに対する返答は通常、それに反論する人々によるものを含んでいる点を指摘。方針に反するコンテンツを発見した場合は措置を講じる可能性があると説明した。

  ブルームバーグ・エル・ピーはツイッターのサービス向けに速報ニュースのネットワーク「TicToc」を制作している。

原題:Conspiracy Theorist Alex Jones Booted From YouTube, Other Sites(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE