ゴールドマン、仮想通貨ファンド向けカストディー事業を検討

Photographer: James MacDonald/Bloomberg
Photographer: James MacDonald/Bloomberg

ゴールドマン・サックス・グループは仮想通貨ファンド向けのカストディー(証券管理)サービスを検討していると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ハッカーの攻撃などから投資を守りたい顧客に代わって証券を管理することで、リスク軽減につなげる考えだという。

  非公開の検討事案であるため匿名で話したこれらの関係者によると、検討はまだ継続中で、サービス投入に向けた時間的な枠組みは決まっていない。

原題:Goldman Is Said to Consider Custody Offering for Crypto Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE