8月6日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル上昇、S&P500が半年ぶり高値-ポンド安い

  6日のニューヨーク外国為替市場ではドルが主要10通貨の大半に対して上昇した。米国株高が支援材料になった。S&P500種株価指数は1月以来の高値を付けた。トレーダーは週内の企業決算発表と米国債入札に注目している。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は反発した。一方でポンドは全面安。ドルに対して一時は0.6%安の1ポンド=1.2920ドルと、昨年9月以来の安値を付けた。フォックス英国際貿易相が国内紙とのインタビューで、英国が無秩序な欧州連合(EU)離脱に向かっていると述べたことが売り材料となり、ドルに対しては主要通貨で最大の下げとなった。

  ニューヨーク時間午後4時30分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比0.2%上昇。ポンドは対ドルで0.4%下げて1ポンド=1.2944ドル、ユーロは対ドルで0.1%安の1ユーロ=1.1553ドル。ドルは円に対し0.1%上昇し1ドル=111円41銭。

  ユーロはドルに対して欧州時間の下落分の大半を埋め、前週末比ほぼ変わらずとなった。6月21日と5月29日に付けた1.1509-1.1510ドルがテクニカル分析上の下値支持線となっている。

欧州時間の取引

  ドルが上昇し、前週末の米雇用統計発表後の下げを一部埋めた。経済指標の発表が少ない週を迎え、英国が合意なしでEUを離脱するとの懸念でポンドが売られた。ドイツの製造業指標が予想を下回り、貿易摩擦の悪影響がドイツ経済に及んだことを示唆したことから、ユーロは軟調に推移した。
原題:USD Gains as S&P 500 Hits 6-Month High, GBP Slumps: Inside G-10(抜粋)
Dollar Gains as Brexit-Hit Pound Echoes Euro Drop: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:S&P500種が1月以来の高値、原油は反発

  6日の米株式相場は続伸。S&P500種株価指数は3営業日連続で上げた。バークシャー・ハサウェイの好決算を受けて金融株が上昇したほか、原油高でエネルギー株に買いが入った。米国債も上昇した。

  • 米国株は続伸、S&P500種株価指数は3営業日続伸
  • 米国債は上昇、10年債利回りは2.94%
  • NY原油は反発、サウジの生産減少で供給懸念強まる
  • NY金は反落、ETFの保有量が減少
  •   S&P500種は1月以来の高値で終えた。配当利回りの高い金融銘柄が上昇をけん引した。10年債利回りは低下。CBOEボラティリティー指数(VIX)は11.24と、1月26日以来の水準に低下した。

      S&P500種株価指数は前営業日比0.4%高の2850.40で終了。ダウ工業株30種平均は39.60ドル(0.2%)高の25502.18ドルで終えた。ナスダック総合指数は0.6%上げて7859.68。午後5時現在、10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し2.94%。

      ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が反発。1週間ぶりの高値となった。サウジアラビアの7月の生産量が前月比で減少したもようだと伝わり、世界の供給が逼迫(ひっぱく)しているとの懸念が強まった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は52セント(0.8%)高い1バレル=69.01ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント10月限は54セント高の73.75ドルで終えた。

      ニューヨーク金先物相場は反落。ドル高と金利先高観を背景に金連動型上場投資信託(ETF)の金保有量が減少したため、売りが膨らんだ。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.5%安の1オンス=1217.70ドルで終了した。

      ミラー・タバクの株式ストラテジスト、マット・メイリー氏は顧客宛ての電子メールで、「憂慮する理由は確かにある。貿易戦争に発展する可能性はその筆頭だ」としながらも、「懸念材料は常にあった。それでも株式相場が2月の安値から回復するのは止められなかった」と指摘した。

      バークシャーの決算と、JPモルガン・チェース最高経営責任者(CEO)の見解で金融株は上昇した。ダイモンCEOは米10年債利回りが5%に上昇する可能性すらあると発言したが、同年債利回りはなお3%を下回っている。中国が貿易戦争に突入しても屈しないと示唆したが、市場はほとんど反応しなかった。
    原題:U.S. Stocks Advance With Dollar, Treasuries: Markets Wrap(抜粋)
    Crude Advances After Saudi Restraint Sparks Renewed Supply Fears
    PRECIOUS: Gold Slides Near $1,200 as ETF Investors Pare Holdings

    ◎欧州債:イタリア以外で利回り曲線がフラット化、発行予定乏しい週

      6日の欧州債市場ではイタリア国債を除いて利回り曲線がフラット化した。3日終盤の流れを引き継ぎ、期近物が堅調となった。

      イタリア3年債先物の未決済建玉が3日時点で急増していたことから、新たなショートが売り実行された可能性を示唆-2年債利回りは一時40ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 上昇。

      今週は発行予定が乏しく、ECB当局者発言も特にない。スペイン債のイールドカーブは供給不足でフラット化へ。

      ドイツ10年債利回りは1bp下げて0.39%、スペイン10年債利回りは3bp低下の1.40%、イタリア10年債利回りは3bp低い2.90%。
    原題:Italy Bucks EGB Curve Flattening; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

    (NY外為と米国株・国債・商品を更新します.)
      最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
      LEARN MORE