イタリア副首相:EUの財政規則、国民のための政策阻む口実にならず

  • 財政規則が政策実行の妨げになってはならないーディマイオ氏
  • 赤字規則は「バイブルではない」とサルビーニ氏

イタリアのディマイオ副首相は欧州連合(EU)の財政規則について、イタリアが国民のためのプログラムを実施するのを妨げる口実にはならないと発言した。

  同副首相は国営放送RAIの番組で、フラット税制や最低所得保障、退職年齢下げなどの政策を国内総生産(GDP)比で3%以下という規則の範囲内で行えれば、「金融市場の懸念も少なくて済むので良いことだ」とした上で、しかしながら財政規則が政策実行の妨げになってはならないと語った。

  ディマイオ副首相はイタリアのポピュリスト政権を構成する政党、五つ星運動の党首。もう一方の与党、同盟の指導者サルビーニ副首相も5日に、EUの財政赤字規則は「バイブルではない」と述べていた。

原題:Italy’s Di Maio Says EU Rules Can’t Be Excuse to Block Program(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE