中国人民元、下落に転じる-本土株も下げて終了

  • 上海総合指数、1.3%安-16年2月以来の安値
  • 創業板指数は2.8%下げほぼ4年ぶりの安値

中国人民元と本土株が6日の取引で下落した。中国人民銀行(中央銀行)が3日夜に公表した元安を見越した取引の大幅なコスト高につながる措置を受け値上がりしていた人民元だが、下げに転じた。

  オンショア人民元は現地時間午後4時2分(日本時間同5時2分)現在、0.17%安の1ドル=6.8402元。

  本土の株式市場では上海総合指数が1.3%安の2705.16と、16年2月以来の安値で引けた。深圳上場の小型株やテクノロジー銘柄から成る創業板指数は2.8%下げ、ほぼ4年ぶりの安値。

  香港株式市場ではハンセン指数が0.5%高で終了した。

The Shots Fired So Far In the U.S. - China Trade War

The scale of the conflict is growing, based on imposed and threatened tariffs

Source: U.S. Census Bureau, U.S. and Chinese announcements

原題:China’s Yuan, Shares Fall as Trade Row Overshadows Policy Shift(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE