独ダイムラー、中国新合弁で「スマート」EV生産を計画-関係者

  • 北京汽車集団の傘下企業と合弁設立で協議中と関係者
  • ダイムラーと北汽新能源からのコメントは得られていない

ドイツの高級車メーカー、ダイムラーは超コンパクトカー「スマ-ト」の電気自動車(EV)を中国企業と合弁会社を設立して生産する計画だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  非公開協議だとして匿名を条件に語った同関係者によると、ダイムラーは提携関係を以前から結ぶ北京汽車集団(BAICグループ)の傘下企業、北汽新能源(BJEV)とスマートEV生産に向けた合弁会社設立で話し合っている。

ダイムラーの「スマートEQ」

写真家:Krisztian Bocsi / Bloomberg

  ダイムラーの広報担当者(中国在勤)の携帯電話に電話したが応答はなかった。BJEVの担当者はコメントを控えた。

原題:Daimler Said in Talks to Make Electric Smart Cars in China (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE